Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第22章 ファームウェアによるネットワーク接続の設定

BMC ファームウェアにネットワーク接続を設定して有効にするには、Petitboot ブートローダーインターフェースを使用します。次の手順を実行します。

  1. システムの前面にある電源ボタンを使用して、サーバーの電源を入れます。システムは、Petitboot ブートローダメニューで電源を入れます。このプロセスは、通常完了するまでに 1~2 分かかりますが、ファーストブートまたはファームウェアの更新に 5~10 分かかる可能性があります。システムから離れないでください。Petitboot を読み込むと、モニターがアクティブになり、任意のキーを押してブートプロセスを中断する必要があります。
  2. Petitboot ブートローダーメインメニューで、Exit to Shell を選択します。
  3. ipmitool lan print 1 を実行します。このコマンドは IP アドレスを返し、これが正しいことを確認したら、ステップ 4 に進みます。IP アドレスが返されない場合は、以下の手順に従ってください。

    1. このコマンドを実行して、モードを静的に設定します。

      ipmitool lan set 1 ipsrc static
    2. このコマンドを実行して、IP アドレスを設定します。

      ipmitool lan set 1 ipaddr _ip_address_

      ip_address は、このシステムに割り当てる静的な IP アドレスです。

    3. このコマンドを実行して、ネットマスクを設定します。

      ipmitool lan set 1 netmask _netmask_address_

      netmask_address は、システムのネットマスクです。

    4. このコマンドを実行して、ゲートウェイサーバーを設定します。

      ipmitool lan set 1 defgw ipaddr _gateway_server_
      Where gateway_server is the gateway for this system.
    5. もう一度 ipmitool lan print 1 コマンドを実行して、IP アドレスを確認します。

      注記

      このインターフェースは、次の手順を実行するまでアクティブではありません。

    6. ファームウェアをリセットするには、次のコマンドを実行します。

      ipmitool raw 0x06 0x40.

      このコマンドは、プロセスを続行する前に完了する必要がありますが、情報は返しません。このコマンドが完了したことを確認するには、システムの BMC アドレス (IPMItool コマンドで使用される IP アドレスと同じアドレス) に ping します。ping が返ってきたら、次の手順に進みます。

      注記

      注意: 妥当な時間内 (2 ~ 3 分) 内に ping が返ってこない場合は、以下の手順を実行してください。

    7. poweroff.h. コマンドでシステムの電源を切ります。
    8. システムの背面から電源コードを抜きます。30 秒待ってから、電力を供給して BMC を起動します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。