Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.3.4.2. Red Hat への接続オプションの設定

以下の手順に従って、GUI で Red Hat への接続オプションを設定します。

注記

Red Hat アカウントまたはアクティベーションキーの詳細を使用して CDN に登録できます。

手順

  1. アカウント をクリックします。

    1. Red Hat カスタマーポータルのユーザー名およびパスワードの詳細を入力します。
  2. 必要に応じて、アクティベーションキー をクリックします。

    1. 組織 ID およびアクティベーションキーを入力します。サブスクリプションにアクティベーションキーが登録されている限り、複数のアクティベーションキーをコンマで区切って入力できます。
  3. システムの目的の設定 チェックボックスを選択します。システムの目的を使用して、エンタイトルメントサーバーが RHEL 8 システムの使用目的を満たすために、最適なサブスクリプションを自動的に判断して割り当てることができます。

    1. ドロップダウンリストから必要な ロールSLA、および 使用方法 を選択します。
  4. Red Hat Insights への接続 チェックボックスはデフォルトで有効になっています。Red Hat Insights に接続する必要がない場合には、チェックボックスの選択を解除します。

    注記

    Red Hat Insights は SaaS (Software-as-a-Service) 製品で、継続的に、登録済みの Red Hat ベースのシステムに詳細な分析を提供し、物理環境、仮想環境、クラウド環境、およびコンテナーデプロイメントでセキュリティー、パフォーマンス、および安定性に関する脅威をプロアクティブに特定します。

  5. 必要に応じて、オプション を展開します。

    1. ネットワーク環境で、外部のインターネットアクセスまたは HTTP プロキシーを介したコンテンツサーバーへのアクセスのみが許可されている場合は、HTTP プロキシーの使用 チェックボックスを選択します。HTTP プロキシーを使用していない場合は、HTTP プロキシーの使用 チェックボックスの選択を解除します。
    2. Satellite Server を実行しているか、内部テストを実行している場合は、カスタムサーバーの URL チェックボックスと カスタムベース URL チェックボックスを選択して、必要な情報を入力します。

      重要
      • カスタムサーバーの URL フィールドには HTTP プロトコル (nameofhost.com など) が必要ありません。ただし、Custom base URL フィールドには HTTP プロトコルが必要です。
      • 登録後に カスタムベース URL を変更するには、登録を解除し、新しい詳細を指定してから再登録する必要があります。
  6. 登録 をクリックしてシステムを登録します。システムが正常に登録され、サブスクリプションが割り当てられると、Red Hat への接続 ウィンドウに、割り当てられているサブスクリプションの詳細が表示されます。

    注記

    サブスクリプションのサイズによっては、登録および割り当てのプロセスが完了するのに最大 1 分かかることがあります。

  7. 完了 をクリックして、インストール概要 画面に戻ります。

    1. Red Hat への接続 の下に 登録 メッセージが表示されます。