第39章 IBM Z への Linux インスタンスの設定

本セクションでは、IBM Z に Red Hat Enterprise Linux をインストールするための一般的なタスクを説明します (すべてのタスクが記載されているわけではありません)。

39.1. DASD の追加

DASD(ダイレクトアクセスストレージデバイス)は、IBM Z で一般的に使用されるストレージの種類です。詳細は、IBM Knowledge Center の「 Working with DASDs」を 参照してください。次の例では、DASD をオンラインに設定してフォーマットし、変更を永続化します。

z/VM 環境下で実行する場合は、デバイスが Linux システムに接続またはリンクされていることを確認してください。

CP ATTACH EB1C TO *

アクセスできるミニディスクをリンクするには、次のコマンドを実行します。

CP LINK RHEL7X 4B2E 4B2E MR
DASD 4B2E LINKED R/W

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。