Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第21章 前提条件を完了してファームウェアの起動

システムの電源を入れる前に、以下のアイテムがあることを確認します。

  • イーサネットケーブル
  • 解像度が 1024x768-60Hz に設定されている VGA モニター
  • USB キーボード
  • システムの電源コードおよびコンセント

この手順では、Red Hat Enterprise Linux 8.x でネットワークサーバーを設定している必要があります。これには、以下の手順に従って、カスタマーポータルの Software Download ページ から Red Hat Enterprise Linux 8.x をダウンロードします。

  1. Red Hat アカウントにログインしていない場合は、ログインします。
  2. Product Variant リストで Red Hat Enterprise Linux for Power, little endian のダウンロードを選択します。
  3. Product Variant リストの横にある Version リストで、 8.x を選択します。
  4. Product Software タブの Red Hat Enterprise Linux 8.x DVD ISO ファイルの横にある 今すぐダウンロード するをクリックします。

Red Hat Enterprise Linux 8.x をダウンロードしたら、以下の手順を実行してファームウェアを起動します。

  • 必要に応じて、システムがラックにある場合は、システムをそのラックにインストールします。詳細は IBM Power Systems の情報 (https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/POWER9/p9hdx/POWER9welcome.htm) を参照してください。
  • システム背面の、シリアルポートの隣にある組み込みイーサネットポートに、イーサネットケーブルを接続します。反対側をネットワークに接続します。
  • システムの背面にある VGA ポートに VGA モニターを接続します。
  • 利用可能な USB ポートに、USB キーボードを接続します。
  • システムに電源コードを接続し、コンセントに差し込みます。

この時点で、ファームウェアが起動しています。電源の緑色の LED が点滅する (使用する準備ができていることを示す) のを待ちます。システムに緑色の LED インジケータライトがない場合は、ファームウェアの起動が正常に完了するまで 1 分から 2 分待ちます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。