Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第14章 前提条件を完了してファームウェアの起動

システムの電源を入れる前に、以下のアイテムがあることを確認します。

  • イーサネットケーブル
  • VGA モニター。VGA の解像度は 1024x768-60Hz に設定する必要があります。
  • USB キーボード
  • システムの電源コードおよびコンセント

    • レベル 1.8.15 以上の IPMItool ツールが含まれる PC またはノートブック。(確認中)
    • 起動可能な USB デバイス

次の手順を完了します。

  1. システムがラックにある場合は、システムをそのラックにインストールします。詳細は IBM Power Systems の情報 (https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/) を参照してください。
  2. システム背面の、シリアルポートの隣にある組み込みイーサネットポートに、イーサネットケーブルを接続します。反対側をネットワークに接続します。
  3. システムの背面にある VGA ポートに、VGA モニターを接続します。
  4. 利用可能な USB ポートに、USB キーボードを接続します。
  5. システムに電源コードを接続し、コンセントに差し込みます。

この時点で、ファームウェアが起動しています。電源の緑色の LED が点滅する (使用する準備ができていることを示す) のを待ちます。システムに緑色の LED インジケータライトがない場合は、1~2 分待ちます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。