Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第7章 インストールの起動

起動可能なメディアを作成したら、Red Hat Enterprise Linux インストールを起動する準備ができました。

7.1. 起動メニュー

Red Hat Enterprise Linux の起動メニューは、システムが起動メディアの読み込みを完了すると、GRand Unified Bootloader version 2 (GRUB2) を使用して表示されます。

図7.1 Red Hat Enterprise Linux 起動メニュー

Boot menu window.

起動メニューには、インストールプログラムを起動する以外に、複数のオプションがあります。60 秒以内に選択しないと、デフォルトの起動オプション (白で強調表示されているもの) が実行します。別のオプションを選択する場合は、キーボードの矢印キーで選択し、Enter を押します。

特定のメニューエントリーの起動オプションをカスタマイズできます。

  • BIOS ベースのシステムの場合 - Tab キーを押して、コマンドラインにカスタムの起動オプションを追加します。Esc キーを押して boot: プロンプトにアクセスすることもできますが、必要な起動オプションは事前設定されていません。このシナリオでは、その他の起動オプションを使用する前に、Linux オプションを常に指定する必要があります。
  • UEFI ベースのシステムの場合 - e キーを押して、コマンドラインにカスタムの起動オプションを追加します。準備ができたら Ctrl+X を押して、修正したオプションを起動します。

表7.1 起動メニューオプション

起動メニューオプション説明

Install Red Hat Enterprise Linux 8.2

このオプションは、グラフィカルなインストールプログラムを使用して Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合に使用します。詳細は 8章カスタマーポータルから ISO イメージを使用した RHEL のインストール を参照してください。

Test this media & install Red Hat Enterprise Linux 8.2

このオプションは、インストールメディアの整合性を確認する場合に使用します。詳細は 「起動用メディアの検証」 を参照してください。

Troubleshooting >

このオプションは、インストールに関するさまざまな問題を解決する場合に使用します。Enter を押して、そのコンテンツを表示します。

表7.2 トラブルシューティングのオプション

トラブルシューティングのオプション説明

Troubleshooting > Install Red Hat Enterprise Linux 8.2 in basic graphics mode

このオプションを使用すると、インストールプログラムがビデオカード用に適切なドライバーを読み込むことができない場合でも、グラフィカルモードで Red Hat Enterprise Linux をインストールします。Install Red Hat Enterprise Linux 8 オプションの使用時に画面が歪んでいる場合は、システムを再起動してこのオプションを使用します。詳細は 「設定およびデバイスドライバーの表示」 を参照してください。

Troubleshooting > Rescue a Red Hat Enterprise Linux system

このオプションは、起動を妨げる問題を修復する場合に使用します。詳細は 「レスキューモードの使用」 を参照してください。

Troubleshooting > Run a memory test

このオプションは、システムでメモリーテストを実行する場合に使用します。Enter を押して、そのコンテンツを表示します。詳細は「Memtest86 アプリケーションの使用によるメモリー障害の検出」を参照してください。

Troubleshooting > Boot from local drive

このオプションは、最初にインストールしたディスクからシステムを起動する場合に使用します。誤ってこのディスクを起動した場合は、このオプションを使用して、インストールプログラムを起動せずにすぐにハードディスクから起動します。