Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.3.3.2. 仮想ネットワークインターフェースの追加

以下の手順に従って、仮想ネットワークインターフェースを追加します。

手順

  1. ネットワークとホスト名 画面で、+ ボタンをクリックして、仮想ネットワークインターフェースを追加します。デバイスの追加 ダイアログが開きます。
  2. 使用可能な 4 つのタイプの仮想インターフェースから 1 つ選択してください。

    • Bond - NIC (ネットワークインターフェースコントローラー) のボンドです。複数の物理ネットワークインターフェースを 1 つのボンドチャネルに結合する方法です。
    • Bridge - NIC ブリッジングです。複数のネットワークを 1 つの集積ネットワークに接続します。
    • Team - NIC のチーミングです。複数のリンクを集約する新しい実装方法です。小型のカーネルドライバーを提供することでパケットフローを高速で処理し、各種アプリケーションがその他のすべてのタスクをユーザー領域で行うように設計されています。
    • Vlan (Virtual LAN) - それぞれ独立している複数のブロードキャストドメインを作成する方法です。
  3. インターフェースの種類を選択し、追加 をクリックします。インターフェースの編集ダイアログボックスが開き、選択したインターフェースタイプに使用できる設定を編集できます。詳細は 「ネットワークインタフェース設定の変更」 を参照してください。
  4. 保存 をクリックして仮想インターフェース設定を確認し、ネットワークおよびホスト名 画面に戻ります。
注記

仮想インターフェースの設定を変更する必要がある場合は、インターフェースを選択し、設定 をクリックします。