Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.2.6. カスタムマクロの作成

~/.rpmmacros ファイル内のディストリビューションマクロは、カスタムマクロで上書きできます。加えた変更は、マシン上のすべてのビルドに影響します。

警告

~/.rpmmacros ファイルで新しいマクロを定義することは推奨されません。このようなマクロは、ユーザーがパッケージを再構築する可能性がある他のマシンには存在しません。

手順

  • マクロを上書きするには、次のコマンドを実行します。

    %_topdir /opt/some/working/directory/rpmbuild

上記の例から、rpmde-setuptree ユーティリティーを使用して、すべてのサブディレクトリーを含むディレクトリーを作成できます。このマクロの値は、デフォルトでは ~/rpmbuild です。

%_smp_mflags -l3

上記のマクロは、Makefile に渡すためによく使用されます。たとえば、make %{?_smp_mflags} と、ビルドフェーズ時に多数の同時プロセスを設定します。デフォルトでは、-jX に設定されています。X は多数のコアです。コア数を変すると、パッケージビルドの速度アップまたはダウンを行うことができます。