Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.3.5. Triggers ディレクティブ

Triggers は、パッケージのインストールおよびアンインストール時に対話できる手段を提供する RPM ディレクティブです。

警告

Triggers は、含まれるパッケージの更新など、予期できないタイミングで実行できます。Triggers はデバッグが難しいため、予期せず実行されたときに破損しないように、安定したな方法で実装する必要があります。このため、Red Hat では、Trigger の使用は最小限に抑えることを推奨します。

1 つのパッケージアップグレードの実行順序と、既存の各 Triggers の詳細は、以下のとおりです。

all-%pretrans
…​
any-%triggerprein (%triggerprein from other packages set off by new install)
new-%triggerprein
new-%pre      for new version of package being installed
…​           (all new files are installed)
new-%post     for new version of package being installed

any-%triggerin (%triggerin from other packages set off by new install)
new-%triggerin
old-%triggerun
any-%triggerun (%triggerun from other packages set off by old uninstall)

old-%preun    for old version of package being removed
…​           (all old files are removed)
old-%postun   for old version of package being removed

old-%triggerpostun
any-%triggerpostun (%triggerpostun from other packages set off by old un
            install)
…​
all-%posttrans

上記の項目は、/usr/share/doc/rpm-4.*/triggers ファイルにあります。