Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.3. RPM パッケージ化を行うためのワークスペースの設定

本セクションでは、rpmdev-setuptree ユーティリティーを使用して、RPM のパッケージ化ワークスペースとなるディレクトリーレイアウトを設定する方法を説明します。

前提条件

  • rpmdevtools パッケージをインストールしている。これにより、RPM をパッケージ化するためのユーティリティーがいくつか提供されます。

    # yum install rpmdevtools

手順

  • rpmdev-setuptree ユーティリティーを実行します。

    $ rpmdev-setuptree
    
    $ tree ~/rpmbuild/
    /home/user/rpmbuild/
    |-- BUILD
    |-- RPMS
    |-- SOURCES
    |-- SPECS
    `-- SRPMS
    
    5 directories, 0 files

作成されるディレクトリーの目的は、以下のとおりです。

ディレクトリー

目的

BUILD

パッケージを構築すると、ここにさまざまな %buildroot ディレクトリーが作成されます。これは、ログ出力で十分な情報を得られない場合に、失敗したビルドを調べるのに場合に便利です。

RPMS

バイナリー RPM は、さまざまなアーキテクチャーのサブディレクトリー (例: x86_64 および noarch) に作成されます。

SOURCES

ここでは、このパッケージャーは、圧縮したソースコードアーカイブとパッチを配置します。rpmbuild コマンドは、これらを検索します。

SPECS

パッケージャーは、SPEC ファイルをここに配置します。

SRPMS

rpmbuild を使用してバイナリー RPM の代わりに SRPM を構築すると、生成される SRPM がここに作成されます。