Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.3.2. Scriptlets ディレクティブ

Scriptlets は、パッケージがインストールまたは削除される前または後に実行される一連の RPM ディレクティブです。

Scriptlets は、ビルド時またはスタートアップスクリプト内で実行できないタスクにのみ使用します。

共通の Scriptlet ディレクティブのセットがあります。これは、SPEC ファイルセクションのヘッダー (%build%install など) と似ています。これは、標準の POSIX シェルスクリプトとしてよく書かれる、マルチラインのコードセグメントによって定義されます。ただし、ターゲットマシンのディストリビューションの RPM が対応する他のプログラミング言語で書くこともできます。RPM ドキュメントには、利用可能な言語の完全なリストが含まれます。

以下の表には、実行順の Scriptlet ディレクティブの一覧が含まれます。スクリプトを含むパッケージは、%pre%post ディレクティブの間にインストールされ、%preun ディレクティブと %postun ディレクティブ間でアンインストールされることに注意してください。

表4.2 Scriptlet ディレクティブ

ディレクティブ定義

%pretrans

パッケージのインストールまたは削除の直前に実行されるスクリプトレット。

%pre

ターゲットシステムにパッケージをインストールする直前に実行されるスクリプトレット。

%post

ターゲットシステムにパッケージがインストールされた直後に実行されるスクリプトレット。

%preun

ターゲットシステムからパッケージをアンインストールする直前に実行されるスクリプトレット。

%postun

ターゲットシステムからパッケージをアンインストールした直後に実行されるスクリプトレット。

%posttrans

トランザクションの最後に実行されるスクリプトレット。