Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.4.2. Body 項目

RPM SPEC ファイルの Body セクション の項目を以下の表に一覧表示します。

表3.2 RPM SPEC ファイルの Body セクションで使用される項目

SPEC ディレクティブ定義

%description

RPM でパッケージ化されているソフトウェアの完全な説明。この説明は、複数の行や、複数の段落にまでわたることがあります。

%prep

Source0でアーカイブを展開するなど、構築するソフトウェアを準備する単一または一連のコマンド。このディレクティブには、シェルスクリプトを含めることができます。

%build

ソフトウェアをマシンコード (コンパイル言語用) またはバイトコード (インタープリター言語) に構築するための 1 つまたは一連のコマンド。

%install

%builddir (ビルドが行われた場所) から、パッケージ化するファイルのディレクトリー構造を含む %buildroot ディレクトリーに、希望のビルドアーティファクトをコピーする単一または一連のコマンド。これは通常、ファイルを ~/rpmbuild/BUILD から /rpmbuild/buildroot にコピーして、必要なディレクトリーを /rpmbuild/buildroot に作成することを意味します。これは、エンドユーザーがパッケージをインストールするときではなく、パッケージを作成する時にのみ実行されます。詳細は SPEC ファイルの使用 を参照してください。

%check

ソフトウェアをテストする単一または一連のコマンド。これには通常、ユニットテストなどが含まれます。

%files

エンドユーザーのシステムにインストールされるファイルの一覧。

%changelog

異なる Version または Release ビルド間でパッケージに行われた変更の記録。