Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.2.2.5. %setup -a マクロおよび %setup -b マクロの使用

-a オプションおよび -b オプションは、特定のソースを拡張します。

-b オプションは before を意味し、作業ディレクトリーに移動する前に特定のソースを展開します。-a オプションは after を意味し、移動後にそのソースを展開します。これらの引数は、SPEC ファイルのプリアンブルからのソース番号です。

以下の例では、cello-1.0.tar.gz アーカイブに空の example ディレクトリーが含まれています。サンプルは、別の example.tar.gz tarball に同梱されており、同じ名前のディレクトリーに展開されます。この場合、作業ディレクトリーに移動してから Source1 を展開する場合は、-a 1 を指定します。

Source0: https://example.com/%{name}/release/%{name}-%{version}.tar.gz
Source1: examples.tar.gz
…
%prep
%setup -a 1

以下の例では、サンプルは cello-1.0-examples.tar.gz tarball にあり、cello-1.0/examples に展開されます。この場合、作業ディレクトリーに移動する前に、-b 1 を指定して Source1 を展開します。

Source0: https://example.com/%{name}/release/%{name}-%{version}.tar.gz
Source1: %{name}-%{version}-examples.tar.gz
…
%prep
%setup -b 1