Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第2章 RPM パッケージ化を行うためのソフトウェアの準備

本セクションでは、RPM パッケージ化のソフトウェアを準備する方法を説明します。この準備には、プログラミングの知識は必要ありません。ただし、「ソースコードとは」「プログラムが作られる仕組み」など、基本的な概念を理解しておく必要があります。

2.1. ソースコードとは

ここでは、ソースコードの概要を説明し、3 種類のプログラミング言語で書かれたプログラムのソースコード例を紹介します。

ソースコードとは、人間が読むことのできるコンピューターへの命令で、計算の実行方法を記述しています。ソースコードは、プログラミング言語で書かれています。

本書では、3 つのプログラミング言語で書かれた Hello World プログラムが紹介されています。

各言語で、パッケージ化が異なります。

各言語の Hello World プログラムは、RPM パッケージャーの主要な 3 つのユースケースをカバーしています。

例2.1 bash で書かれた Hello World

bello プロジェクトは、bashHello World を実装しています。この実装には bello シェルスクリプトのみが含まれます。このプログラムの目的は、コマンドラインで Hello World を出力することです。

bello ファイルの構文は以下のようになります。

#!/bin/bash

printf "Hello World\n"

例2.2 Python で書かれた Hello World

pello プロジェクトは、PythonHello World を実装します。この実装には、pello.py プログラムのみが含まれます。このプログラムの目的は、コマンドラインで Hello World を出力することです。

pello.py ファイルの構文は以下のようになります。

#!/usr/bin/python3

print("Hello World")

例2.3 C で書かれた Hello World

cello プロジェクトは、C の Hello World を実装します。この実装には、cello.c および Makefile ファイルだけが含まれます。そのため、生成される tar.gz アーカイブには、LICENSE ファイル以外にファイルが 2 つ含まれます。

このプログラムの目的は、コマンドラインで Hello World を出力することです。

cello.c ファイルの構文は以下のようになります。

#include <stdio.h>

int main(void) {
    printf("Hello World\n");
    return 0;
}