Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第3章 ソフトウェアのパッケージ化

このセクションでは、RPM のパッケージ化の基本を説明します。

3.1. RPM パッケージ

RPM パッケージは、他のファイルとそのメタデータ (システムが必要とするファイルに関する情報) を含むファイルです。

特に、RPM パッケージは cpio アーカイブで構成されています。

cpio アーカイブには以下が含まれます。

  • ファイル
  • RPM ヘッダー (パッケージのメタデータ)

    rpm パッケージマネージャーはこのメタデータを使用して依存関係、ファイルのインストール先、およびその他の情報を決定します。

RPM パッケージの種類

RPM パッケージには 2 つの種類があります。いずれも、同じファイル形式とツールを使用しますが、コンテンツが異なるため、目的が異なります。

  • ソース RPM (SRPM)

    SRPM には、ソースコードと SPEC ファイルが含まれます。これには、ソースコードをバイナリー RPM にビルドする方法が書かれています。必要に応じて、ソースコードへのパッチも含まれます。

  • バイナリー RPM

    バイナリー RPM には、ソースおよびパッチから構築されたバイナリーが含まれます。