Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第1章 RPM のパッケージ化の使用

RPM Package Manager (RPM) は、Red Hat Enterprise Linux、CentOS、および Fedora で実行できるパッケージ管理システムです。RPM を使用することで、上記のオペレーティングシステム用に作成したソフトウェアを配布、管理、および更新できます。

RPM パッケージ管理システムは、従来のアーカイブファイルでのソフトウェア配布に比べて、いくつかの利点があります。

RPM を使用すると、以下が可能になります。

  • YUM、PackageKit などの標準パッケージ管理ツールを使用した、パッケージのインストール、再インストール、削除、アップグレード、および検証。
  • インストール済みのパッケージのデータベースを使用した、パッケージのクエリーおよび検証。
  • メタデータを使用した、パッケージ、インストール手順、その他のパッケージパラメーターの記述。
  • ソフトウェアソース、パッチ、完全なビルド命令の、ソースパッケージおよびバイナリーパッケージへのパッケージ化。
  • Yum リポジトリーへのパッケージの追加。
  • GNU Privacy Guard (GPG) 署名鍵を使用した、パッケージへのデジタル署名。