Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.18. RPM のサニティーチェック

パッケージを作成したら、パッケージの品質を確認する必要があります。

パッケージの品質をチェックする主要なツールは、rpmlint です。

rpmlint ツールは、以下のことを行います。

  • RPM の保守性の向上。
  • RPM の静的な分析の実行によるサニティーチェック。
  • RPM の静的な分析の実行による、エラーチェック。

rpmlint ツールはバイナリー RPM、ソース RPM (SRPMS) 、SPEC ファイルをチェックできるため、以下のセクションで示すように、パッケージ化のすべての段階で役に立ちます。

rpmlint には非常に厳密なガイドラインがあるため、以下の例にあるように、一部のエラーや警告をスキップできる場合もあることに注意してください。

注記

以下のセクションで説明する例では、rpmlint にオプションを指定せずに実行しており、詳細な出力が得られません。それぞれのエラーや警告の詳細な説明は、rpmlint -i を実行してください。