Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.5. BuildRoots

RPM のパッケージ化のコンテキストでは、buildroot が chroot 環境となります。つまり、ビルドのアーティファクトが、エンドユーザーシステムの今後の階層と同じファイルシステム階層を使用して配置され、buildroot がルートディレクトリーとして機能します。ビルドアーティファクトの配置は、エンドユーザーシステムのファイルシステム階層の基準に準拠する必要があります。

buildroot のファイルは、後で dhcpd アーカイブに置かれ、RPM の主要部分になります。RPM がエンドユーザーのシステムにインストールされている場合、これらのファイルは root ディレクトリーに抽出され、階層が正しく保持されます。

注記

Red Hat Enterprise Linux 6 以降では、rpmbuild プログラムには独自のデフォルトが設定されています。このデフォルト値を上書きすると、問題が発生することがあります。Red Hat では、このマクロの値を自身で定義することを推奨していません。%{buildroot} マクロは、rpmbuild ディレクトリーのデフォルトで使用できます。