Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.4. SPEC ファイルとは

SPEC ファイルには、RPM を構築するのに rpmbuild ユーティリティーが使用するレシピが含まれています。SPEC ファイルは、一連のセクションで命令を定義することで、ビルドシステムに必要な情報を提供します。このセクションは、PreambleBody で定義されます。Preamble では、Body に使用されている一連のメタデータ項目が含まれています。Body は、命令の主要部分を示しています。

次のセクションでは、SPEC ファイルの各セクションを説明します。

3.4.1. Preamble 項目

以下の表では、RPM SPEC ファイルの Preamble セクションで頻繁に使用されるディレクティブの一部を示しています。

表3.1 RPM SPEC ファイルの Preamble セクションで使用される項目

SPEC ディレクティブ定義

Name

SPEC ファイル名と一致する必要があるパッケージのベース名。

Version

ソフトウェアのアップストリームのバージョン番号。

Release

このバージョンのソフトウェアがリリースされた回数。通常、初期値は 1%{?dist} に設定し、パッケージの新規リリースごとに増加させます。新しい Version のソフトウェアを構築するときに、1 にリセットされます。

Summary

パッケージの 1 行の概要

License

パッケージ化しているソフトウェアのライセンス。

URL

プログラムに関する詳細情報の完全な URL。多くの場合、この URL は、パッケージ化しているソフトウェアのアップストリームプロジェクトの Web サイトです。

Source0

アップストリームのソースコードの圧縮アーカイブへのパスまたは URL (パッチを適用していないものや、パッチは別の場所で処理されます)。これは、たとえば、パッケージャーのローカルストレージではなく、アップストリームページなどのアーカイブの、アクセス可能で信頼できるストレージを参照している必要があります。必要に応じて、SourceX ディレクティブを追加して、たとえば、Source1、Source2、Source3 など、毎回数を増やすことができます。

Patch

必要に応じて、ソースコードに適用する最初のパッチの名前。

ディレクティブは、パッチの末尾に数字を付けて、または付けずに適用できます。

数値を指定しないと、内部的にエントリーに割り当てられます。Patch0、Patch1、Patch2、Patch3 などを使用して、明示的に数字を指定することもできます。

このパッチは、%patch0、%patch1、%patch2 といったマクロを使用して、1 つずつ適用できます。マクロは、RPM SPEC ファイルの Body セクションの %prep ディレクティブ内で適用されます。または、%autounconfined マクロを使用できます。これは、SPEC ファイルに指定されている順序ですべてのパッチを自動的に適用します。

BuildArch

パッケージがアーキテクチャーに依存していない場合は (たとえば、インタープリター型のプログラミング言語ですべて書かれた場合など)、これを BuildArch: noarch に設定します。設定しないと、パッケージは構築されるマシンのアーキテクチャー (x86_64など) を自動的に継承します。

BuildRequires

コンパイル言語で書かれたプログラムを構築するのに必要なコンマ区切りまたは空白区切りのリスト。BuildRequires のエントリーは複数になる場合があります。各エントリーに対する行が、SPEC ファイル行に含まれます。

Requires

インストール後のソフトウェアの実行に必要なパッケージのコンマ区切りまたは空白区切りのリスト。Requires のエントリーは複数ある場合があります。これらは、SPEC ファイル行に独自の行を持ちます。

ExcludeArch

ソフトウェアの一部が特定のプロセッサーアーキテクチャーで動作しない場合には、そのアーキテクチャーを除外できます。

Conflicts

ConflictsRequires と逆の意味を持ちます。Conflicts に一致するパッケージが存在すると、既にインストールされているパッケージに Conflict タグがあるか、インストールされるパッケージにある場合は、そのパッケージを独立してインストールすることができません。

Obsoletes

このディレクティブでは、rpm コマンドが直接コマンドラインで使用されるか、更新が更新または依存関係リゾルバーにより実行されるかによって、更新の方法が変更されます。コマンドラインで使用すると、RPM により、インストールしているパッケージに一致するすべての古いパッケージが削除されます。更新または依存関係リゾルバーを使用する場合は、一致する Obsoletes: を含むパッケージが更新として追加され、一致するパッケージを置き換えます。

Provides

Provides がパッケージに追加されると、名前以外の依存関係でパッケージを参照できます。

Name のディレクティブ、Version のディレクティブ、および Release のディレクティブは、RPM パッケージのファイル名から構成されます。RPM パッケージの担当者やシステム管理者は、これら 3 つのディレクティブを N-V-R または NVR と呼びます。これは、RPM パッケージのファイル名に NAME-VERSION-RELEASE 形式が含まれるためです。

以下の例は、rpm コマンドを実行して、特定のパッケージの NVR 情報を取得する方法を示しています。

例3.1 bash パッケージの NVR 情報を出力する rpm のクエリー

# rpm -q bash
bash-4.4.19-7.el8.x86_64

ここでは、bash がパッケージ名で、4.4.19 がバージョン番号を示し、7.el8 がリリースを意味しています。最後のマーカーの x86_64 は、アーキテクチャーを意味しています。NVR とは異なり、アーキテクチャーのマーカーは RPM パッケージャーで直接管理されていませんが、rpmbuild ビルド環境で定義されます。ただし、これはアーキテクチャーに依存しない noarch パッケージです。