Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.2.2. %setup マクロの使用

このセクションでは、%setup マクロの異なるバリアントを使用して、ソースコード tarball でパッケージを構築する方法を説明します。マクロバリアントは組み合わせることができることに注意してください。rpmbuild の出力は、%setup マクロにおける標準的な挙動を示しています。各フェーズの開始時に、マクロは以下の例のように Executing(%…​) を出力します。

例4.1 %setup マクロの出力例

Executing(%prep): /bin/sh -e /var/tmp/rpm-tmp.DhddsG

シェルの出力は、set -x enabled で設定されます。/var/tmp/rpm-tmp.DhddsG の内容を表示するには、--debug オプションを指定します。これは、rpmbuild により、ビルドの作成後に一時ファイルが削除されるためです。環境変数の設定の後に、以下のような設定が表示されます。

cd '/builddir/build/BUILD'
rm -rf 'cello-1.0'
/usr/bin/gzip -dc '/builddir/build/SOURCES/cello-1.0.tar.gz' | /usr/bin/tar -xof -
STATUS=$?
if [ $STATUS -ne 0 ]; then
  exit $STATUS
fi
cd 'cello-1.0'
/usr/bin/chmod -Rf a+rX,u+w,g-w,o-w .

%setup マクロ:

  • 正しいディレクトリーで作業していることを確認します。
  • 以前のビルドで残ったファイルを削除します。
  • ソース tarball を展開します。
  • 一部のデフォルト権限を設定します。

4.2.2.1. %setup -q マクロの使用

-q オプションでは、%setup マクロの冗長性が制限されます。tar -xvof の代わりに tar -xof のみが実行されます。このオプションは、最初のオプションとして使用します。