Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

5.2. ブール型依存関係のサポート

バージョン 4.13 以降では、RPM は以下の依存関係でブール式を処理できます。

  • Requires
  • Recommends
  • Suggests
  • supplements
  • Enhances
  • Conflicts

このセクションでは、ブール値の依存関係構文を説明し、ブール値演算子の一覧を紹介して、ブール値の依存関係のセマンティクスおよびブール値の依存関係のセマンティクスについて説明します。

5.2.1. ブール値の依存関係構文

ブール値は、常に括弧で囲まれています。

これは、通常の依存関係から構築されます。

  • 名前のみまたは名前
  • 比較
  • バージョンの説明