Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

14.6. 仮想マシンのネットワークパフォーマンスの最適化

仮想マシンのネットワークインターフェースカード (NIC) の性質上、仮想マシンは、割り当てられているホストネットワークの帯域幅の一部を失います。これにより、仮想マシンの全体的なワークロード効率が削減されることがあります。以下のヒントは、仮想 NIC (vNIC) のスループットで仮想化の影響を最小限に抑えることができます。

手順

以下の方法のいずれかを使用し、仮想マシンのネットワークパフォーマンスにメリットがあるかどうかを調べます。

vhost_net モジュールの有効化

ホストで vhost_net カーネル機能が有効になっていることを確認します。

# lsmod | grep vhost
vhost_net              32768  1
vhost                  53248  1 vhost_net
tap                    24576  1 vhost_net
tun                    57344  6 vhost_net

このコマンドの出力が空白である場合は、vhost_net カーネルモジュールを有効にします。

# modprobe vhost_net
マルチキュー virtio-net の設定

仮想マシンに マルチキュー virtio-net 機能を設定するには、virsh edit コマンドを使用して、仮想マシンの XML 設定を編集します。XML で、以下を <devices> セクションに追加し、N を、仮想マシンの vCPU 数 (最大 16) に変更します。

<interface type='network'>
      <source network='default'/>
      <model type='virtio'/>
      <driver name='vhost' queues='N'/>
</interface>

仮想マシンが実行中の場合は、再起動して変更を適用します。

ネットワークパケットのバッチ処理

転送パスが長い Linux の仮想マシン設定では、パケットをバッチ処理してからカーネルに送信することで、キャッシュが有効に活用される場合があります。パケットバッチ機能を設定するには、ホストで次のコマンドを実行し、tap0 を、仮想マシンが使用するネットワークインターフェースの名前に置き換えます。

# ethtool -C tap0 rx-frames 128
SR-IOV
ホスト NIC が SR-IOV に対応している場合は、vNIC に SR-IOV デバイス割り当てを使用します。詳細は、「SR-IOV デバイスの管理」を参照してください。

関連情報