1.10. Web コンソールでの時間設定の設定

タイムゾーンを設定して、システム時間を Network Time Protocol (NTP) サーバーと同期できます。

前提条件

手順

  1. RHEL Web コンソールにログインします。

    詳細は、Web コンソールへのログイン を参照してください。

  2. 概要 で現在のシステム時間をクリックします。

    RHEL web console

  3. System time をクリックします。
  4. 必要に応じて、システム時間の変更 ダイアログボックスで、タイムゾーンを変更します。
  5. Set Time ドロップダウンメニューで、以下のいずれかを選択します。

    手動
    NTP サーバーなしで手動で時間を設定する必要がある場合は、このオプションを使用します。
    NTP サーバーの自動使用
    これはデフォルトのオプションで、既存の NTP サーバーと時間を自動同期します。
    特定の NTP サーバーの自動使用
    このオプションは、システムを特定の NTP サーバーと同期する必要がある場合に限り使用してください。サーバーの DNS 名または IP アドレスを指定します。
  6. Change をクリックします。

    RHEL web console

検証手順

  • システム タブに表示されるシステム時間を確認します。