6.3. Web コンソールでパスワード有効期限の強制

デフォルトでは、ユーザーアカウントのパスワードに期限はありません。定義した日数が経過したら、システムパスワードが期限切れになるように設定できます。パスワードが期限切れになると、次回のログイン時にパスワードの変更が要求されます。

手順

  1. RHEL 8 Web コンソールにログインします。
  2. Accounts をクリックします。
  3. パスワードの有効期限を設定するユーザーアカウントを選択します。
  4. Password 行の edit をクリックします。

    cockpit edit password change

  5. Password expiration ダイアログボックスで、Require password change every …​ days を選択し、パスワードの期限が切れるまでの日数 (正の整数) を入力します。
  6. Change をクリックします。

    Web コンソールの Password 行に、将来のパスワード変更リクエストの日付がすぐに表示されます。