第7章 ファイバーチャネルデバイスの使用

RHEL 8 は、以下のネイティブファイバーチャネルドライバーを提供します。

  • lpfc
  • qla2xxx
  • zfcp

7.1. ファイバーチャネル論理ユニットのサイズ変更

システム管理者は、ファイバーチャネルの論理ユニットのサイズを変更できます。

手順

  1. multipath 論理ユニットのパスのデバイスを確認するには、次のコマンドを実行します。

    multipath -ll
  2. マルチパス機能を使用するシステムでファイバーチャネル論理ユニットを再スキャンするには、次のコマンドを実行します。

    $ echo 1 > /sys/block/sdX/device/rescan

関連情報

  • man ページの multipath

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。