1.2. リモートストレージオプション

Red Hat Enterprise Linux 8 で利用可能なリモートストレージオプションは次のとおりです。

  • ストレージの接続オプション:

    • iSCSI - RHEL 8 は targetcli ツールを使用して、iSCSI ストレージの相互接続を追加、削除、表示、および監視します。
    • ファイバーチャネル (FC) - Red Hat Enterprise Linux 8 は、以下のネイティブファイバーチャネルドライバーを提供します。

      • lpfc
      • qla2xxx
      • Zfcp
    • NVMe (Non-volatile Memory Express) は、ホストソフトウェアユーティリティーがソリッドステートドライブと通信できるようにするインターフェースです。次の種類はファブリックトランスポートを使用して、NVMe over fabrics を設定します。

      • RDMA (Remote Direct Memory Access) を使用する NVMe over fabrics
      • ファイバーチャネル (FC) を使用した NVMe over fabrics
    • Device Mapper のマルチパス (DM Multipath) を使用すると、サーバーノードとストレージアレイとの間の複数の I/O パスを 1 つのデバイスに設定できます。これらの I/O パスは、個別のケーブル、スイッチ、コントローラーを含むことができる物理的な SAN 接続です。
  • ネットワークファイルシステム:

    • NFS
    • SMB

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。