第1章 利用可能なストレージオプションの概要

本章では、Red Hat Enterprise Linux 8 で利用可能なストレージの種類を説明します。Red Hat Enterprise Linux は、ローカルストレージの管理、およびリモートストレージへの接続に使用するさまざまなオプションを提供しています。図1.1「Red Hat Enterprise Linux ストレージダイアグラム (概要)」では、さまざまなストレージオプションを説明します。

図1.1 Red Hat Enterprise Linux ストレージダイアグラム (概要)

RHEL ストレージダイアグラム (概要)

1.1. ローカルストレージオプション

以下は、Red Hat Enterprise Linux 8 で利用可能なローカルストレージオプションです。

  • 基本的なディスク管理:

    parted と fdisk を使用して、パーティションの作成、修正、削除、表示を行うことができます。パーティショニングレイアウトの仕様は以下のようになります。

    • MBR (Master Boot Record) - BIOS ベースのコンピューターで使用されます。プライマリーパーティション、拡張パーティション、および論理パーティションを作成できます。
    • GPT (GUID Partition Table) - GUID (Globally Unique identifier) を使用し、一意のディスクおよびパーティション GUID を提供します。

      パーティションを暗号化するには、LUKS (Linux Unified Key Setup-on-disk-format) を使用します。パーティションを暗号化する場合は、インストール時にオプションを選択し、パスフレーズを入力させるプロンプトを表示します。このパスフレーズにより、暗号化キーのロックが解除されます。

  • ストレージ使用オプション:

    • NVDIMM (Non-Volatile Dual In-line Memory Modules) の管理 - メモリーとストレージの組み合わせです。システムに接続した NVDIMM デバイスで、さまざまな種類のストレージを有効にして管理できます。
    • ブロックストレージ管理 - 各ブロックに固有の識別子を持つブロックの形式でデータを保存します。
    • ファイルストレージ - データは、ローカルシステムのファイルレベルに保存されます。これらのデータは、XFS (デフォルト) または ext4 を使用してローカルでアクセスしたり、NFS と SMB を使用してネットワーク上でアクセスできます。
  • 論理ボリュームの設定および管理:

    • 論理ボリュームマネージャー (LVM) - 物理デバイスから論理ボリュームを作成します。論理ボリューム (LV) は、物理ボリューム (PV) とボリュームグループ (VG) の組み合わせです。LVM の設定には以下が含まれます。

      • ハードドライブから PV の作成
      • 物理ボリュームからボリュームグループの作成
      • ボリュームグループから論理ボリュームを作成すると、マウントポイントが論理ボリュームに割り当てられます。
    • Virtual Data Optimizer (VDO) - 重複排除、圧縮、およびシンプロビジョニングを使用して、データの削減に使用されます。VDO の下で論理ボリュームを使用すると、次のことができます。

      • VDO ボリュームの拡張
      • 複数のデバイスにまたがる VDO ボリューム
  • ローカルファイルシステム:

    • XFS
    • Ext4
    • Straits - テクノロジープレビューとして利用できます。Stratis は、高度なストレージ機能に対応する、ユーザーとカーネルのハイブリッドローカルストレージ管理システムです。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。