Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.6.3.2. 非破壊的な再パーティション

非破壊的なパーティション再分割では、大きなパーティションを小さくするプログラムを実行するため、そのパーティションに保存されているファイルを失うことはありません。通常、この方法は信頼性がありますが、大規模なドライブでは非常に時間がかかります。

非破壊的な再パーティション処理は分かりやすく、以下の 3 つの手順で構成されます。

  1. 既存データの圧縮およびバックアップ
  2. 既存パーティションのサイズ
  3. 新しいパーティションの作成

各ステップについて詳細に説明します。

3.6.3.2.1. 既存データの圧縮

最初の手順では、既存のパーティションのデータを圧縮します。これを行う理由は、パーティションの「末尾」で使用可能な空き領域を最大化するために、データを再配置します。

図3.8 ディスクの圧縮

圧縮

上記の例では、最初の図は圧縮前のディスクを表し、圧縮後の 2 つ目の図です。

このステップは重要です。データの場所を使用しないと、パーティションを希望のエクステントのサイズを変更できなくなる可能性があります。一部のデータは移動できないことに注意してください。この場合、新しいパーティションのサイズが厳しく制限され、ディスクを破壊的に再パーティション化する必要が生じる可能性があります。