17.3. Stratis ファイルシステムの監視

Stratis ユーザーは、システムにある Stratis ボリュームに関する情報を表示して、その状態と空き容量を監視できます。

17.3.1. さまざまなユーティリティーが報告する Stratis のサイズ

本セクションでは、df などの標準的なユーティリティーと、stratis ユーティリティーにより報告される Stratis サイズの相違点を説明します。

df などの標準的な Linux ユーティリティーは、Stratis 上の 1TiB の XFS ファイルシステムレイヤーのサイズを報告します。これは 1 TiB です。Stratis の実際のストレージ使用量は、シンプロビジョニングにより少なくなっており、また XFS レイヤーが満杯に近くなると Stratis が自動的にファイルシステムを拡張するため、これは特に有用な情報ではありません。

重要

Stratis ファイルシステムに書き込まれているデータ量を定期的に監視します。これは Total Physical Used の値として報告されます。これが Total Physical Size の値を超えていないことを確認してください。

関連情報

  • man ページの stratis(8)

17.3.2. Stratis ボリュームの情報表示

この手順では、Stratis ボリュームに関する合計サイズ、使用済みサイズ、空きサイズ、ファイルシステム、プールに属するブロックデバイスなどの統計情報を一覧表示します。

前提条件

手順

  • システムで Stratis に使用されているすべての ブロックデバイス に関する情報を表示する場合は、次のコマンドを実行します。

    # stratis blockdev
    
    Pool Name  Device Node    Physical Size   State  Tier
    my-pool    /dev/sdb            9.10 TiB  In-use  Data
  • システムにあるすべての Stratis プール に関する情報を表示するには、次のコマンドを実行します。

    # stratis pool
    
    Name    Total Physical Size  Total Physical Used
    my-pool            9.10 TiB              598 MiB
  • システムにあるすべての Stratis ファイルシステム に関する情報を表示するには、次のコマンドを実行します。

    # stratis filesystem
    
    Pool Name  Name  Used     Created            Device
    my-pool    my-fs 546 MiB  Nov 08 2018 08:03  /stratis/my-pool/my-fs

関連情報

  • man ページの stratis(8)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。