15.10. RAID の監視

このモジュールでは、mdadm ツールを使用して RAID 監視オプションを設定する方法を説明します。

前提条件

  • mdadm パッケージがインストールされている。
  • メールサービスが設定されている。

手順

  1. アレイのモニタリング用の設定ファイルを作成するには、詳細をスキャンし、結果を /etc/mdadm.conf ファイルに転送する必要があります。これを実行するには、次のコマンドを使用します。

    # mdadm --detail --scan >> /etc/mdadm.conf

    ARRAY および MAILADDR は必須の変数であることに注意してください。

  2. 設定ファイル /etc/mdadm.conf を任意のテキストエディターで開きます。
  3. 通知用のメールアドレスを使用して MAILADDR 変数を追加します。たとえば、次の行を追加します。

    MAILADDR <example@example.com>

    example@example.com は、アレイの監視からアラートを受信するメールアドレスです。

  4. /etc/mdadm.conf ファイルに変更を保存して、閉じます。

上記の手順を完了すると、監視システムは通知をメールアドレスに送信します。

関連情報

  • 詳細は、man ページの mdadm.conf 5 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。