1.4. Gluster 設定されたソリューション

このセクションでは、Red Hat Gluster Storage (RHGS) または Red Hat Ceph Storage (RHCS) などの glustered オプションの概要を説明します。

1.4.1. Red Hat Gluster Storage オプション

Red Hat Gluster Storage (RHGS) は、ソフトウェアが定義されたストレージプラットフォームです。これは、複数のサーバーから単一のグローバル名前空間に、ディスクストレージリソースを統合します。GlusterFS はオープンソースの分散ファイルシステムです。これは、クラウドおよびハイブリッドのソリューションに適しています。

GlusterFS は、GlusterFS のベースとなる異なるタイプのボリュームで構成され、さまざまな要件を提供します。ボリュームは、ストレージ領域自体であるブリックのコレクションです。

GlusterFS ボリュームのタイプは次のとおりです。

  • 分散 GlusterFS ボリューム は、デフォルトのボリュームです。この場合、各ファイルは単一のブリックに格納され、異なるブリック間で共有できません。
  • レプリケートされた GlusterFS ボリューム タイプは、データのレプリカを維持します。この場合、ブリックが失敗しても、ユーザーはデータにアクセスできます。
  • 分散されレプリケートされた GlusterFS ボリューム は、多数のシステムにレプリカを分散するハイブリッドボリュームです。ストレージのスケーリングおよび信頼性の高さが重要な環境には適しています。

RHGS に関する詳細は、「Red Hat gluster ストレージ管理ガイド」を参照してください。

1.4.2. Red Hat Ceph Storage オプション

Red Hat Ceph Storage (RHCS) はスケーラブルでオープンなソフトウェア定義のストレージプラットフォームで、Ceph ストレージシステムの最も安定したバージョンと、Ceph 管理プラットフォーム、デプロイメントユーティリティー、サポートサービスを組み合わせたものです。

Red Hat Ceph Storage は、クラウドインフラストラクチャーおよび Web スケールオブジェクトストレージ用に設計されています。Red Hat Ceph Storage クラスターは、以下のタイプのノードで構成されます。

Red Hat Ceph Storage Ansible 管理ノード

このタイプのノードは、以前のバージョンの Red Hat Ceph Storage に行われた従来の Ceph 管理ノードとして機能します。このタイプのノードでは、以下の機能が提供されます。

  • ストレージクラスターの一元管理
  • Ceph 設定ファイルおよびキー
  • 必要に応じて、セキュリティー上の理由からインターネットにアクセスできないノードに Ceph をインストールするためのローカルリポジトリー
ノードの監視
各モニターノードは、クラスターマップのマスターコピーを維持する monitor デーモン (ceph-mon) を実行します。クラスターマップにはクラスタートポロジーが含まれます。Ceph クラスターに接続するクライアントは、モニターからクラスターマップの現在のコピーを取得します。これにより、クライアントがクラスターへのデータの読み取りおよび書き込みが可能になります。
重要

Ceph は 1 つのモニターで実行できますが、実稼働クラスターで高可用性を確保するためには、Red Hat は少なくとも 3 つのモニターノードを持つデプロイメントのみをサポートします。Red Hat は、750 個の OSD を超えるストレージクラスターに合計 5 つの Ceph Monitor をデプロイすることを推奨します。

OSD ノード
各 Object Storage Device (OSD) ノードは Ceph OSD デーモン (ceph-osd) を実行し、ノードに割り当てられている論理ディスクと相互作用します。Ceph は、この OSD ノードにデータを保存します。

Ceph は、非常に少数の OSD ノード (デフォルトは 3) で実行できますが、実稼働クラスターは、ストレージクラスターで中程度のスケール (たとえば OSD が 50 個) で始まります。理想的には、Ceph クラスターに複数の OSD ノードがあり、CRUSH マップを作成して分離された障害ドメインを許可します。

MDS ノード
各 Metadata Server (MDS) ノードは、Ceph ファイルシステム (CephFS) に保存されているファイルに関連する MDS デーモン (ceph-mds) を実行します。MDS デーモンは、共有クラスターへのアクセスも調整します。
Object Gateway ノード
Ceph Object Gateway ノードは、Ceph RADOS Gateway デーモン (ceph-radosgw) を実行し、Ceph Storage クラスターへの RESTful ゲートウェイを使用するアプリケーションを提供する librados 上に構築されたオブジェクトストレージインターフェースです。Ceph Object Gateway は、以下の 2 つのインターフェースをサポートします。
S3
Amazon S3 RESTful API の大規模なサブセットと互換性のあるインターフェースでオブジェクトストレージ機能を提供します。
Swift
OpenStack Swift API の大規模なサブセットと互換性のあるインターフェースでオブジェクトストレージ機能を提供します。

RHCS の詳細は、Red Hat Ceph Storage のドキュメントを参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。