6.4. DM Multipath がデバイスタイムアウトの上書き

recovery_tmo sysfs オプションは、特定の iSCSI デバイスのタイムアウトを制御します。次のオプションは、システム全体の recovery_tmo 値を上書きします。

  • replacement_timeout 設定オプションは、システム全体で全 iSCSI デバイスの recovery_tmo 値を上書きします。
  • DM Multipath が管理するすべての iSCSI デバイスで、DM Multipath の fast_io_fail_tmo オプションは、システム全体の recovery_tmo 値を上書きします。

    DM Multipath の fast_io_fail_tmo オプションは、ファイバーチャネルデバイスの fast_io_fail_tmo オプションを上書きします。

DM Multipath の fast_io_fail_tmo オプションは replacement_timeout よりも優先します。Red Hatでは、replacement_timeout を使用して、DM Multipathが管理するデバイスの recovery_tmo を上書きすることは推奨しません。これは、multipathd サービスが再読み込みを行うと、DM Multipathが常に recovery_tmo をリセットするためです。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。