14.5. ソフトウェア RAID の作成

以下の手順に従って、RAID ( Redundant Arrays of Independent Disks) ディスクを作成します。RAID デバイスは、複数のストレージディスクで構成され、組み合わせてパフォーマンスを向上させます。 また、一部の設定では、より高い耐障害性を得ることができます。

RAID デバイスの作成は 1 つのステップで終わり、必要に応じてディスクを追加または削除できます。システムでは、1 つの物理ディスクに 1 つの RAID パーティションが作成できるため、インストールプログラムで使用できるディスク数により、利用できる RAID デバイスのレベルが決定します。たとえば、システムにハードドライブが 2 つある場合は、RAID 10 デバイスを作成することはできません。少なくともディスクが 3 つ必要になるためです。

注記

IBM Z では、ストレージのサブシステムで RAID が透過的に使用されます。ソフトウェア RAID を手動で構成する必要はありません。

前提条件

  • RAID 設定オプションは、インストール用に複数のディスクを選択している場合にのみ表示される。RAID デバイスの作成には少なくともディスクが 2 つ必要になります。
  • マウントポイントを作成している。マウントポイントを設定して、RAID デバイスを設定します。
  • インストール先 画面で カスタム ラジオボタンを選択している。

手順

  1. 手動パーティション設定 画面の左側のペインで、必要なパーティションを選択します。
  2. デバイス セクションの下にある 修正 をクリックします。マウントポイントの設定 ダイアログボックスが開きます。
  3. RAID デバイスに追加するディスクを選択して、選択 をクリックします。
  4. デバイスタイプ ドロップダウンメニューをクリックして、RAID を選択します。
  5. ファイルシステム のドロップダウンメニューをクリックして、目的のファイルシステムタイプを選択します。
  6. RAID レベル ドロップダウンメニューをクリックして、目的の RAID レベルを選択します。
  7. 設定を更新 をクリックして、変更を保存します。
  8. 完了 をクリックして設定を適用し、インストール概要 画面に戻ります。

指定した RAID レベルでさらにディスクが必要な場合は、画面下部にメッセージが表示されます。