15.8. インストール後の root ディスクの RAID1 への変換

本セクションでは、Red Hat Enterprise Linux 8 のインストール後に RAID 以外の root ディスクを RAID1 ミラーに変換する方法を説明します。

PowerPC (PPC) アーキテクチャーでは、以下の追加手順を行う必要があります。

前提条件

手順

  1. PowerPC Reference Platform (PReP) 起動パーティションの内容を /dev/sda1 から /dev/sdb1 にコピーします。

    # dd if=/dev/sda1 of=/dev/sdb1
  2. 両方のディスクの最初のパーティションで Prep フラグおよび boot フラグを更新します。

    $ parted /dev/sda set 1 prep on
    $ parted /dev/sda set 1 boot on
    
    $ parted /dev/sdb set 1 prep on
    $ parted /dev/sdb set 1 boot on
注記

PowerPC マシンでは grub2-install /dev/sda コマンドを実行しても動作せず、エラーが返されますが、システムは想定どおりに起動します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。