第8章 eh_deadline を使用したストレージエラーからの回復における最大時間の設定

障害が発生した SCSI デバイスを復旧するのに許容できる最大時間を設定できます。この設定は、ストレージハードウェアが不具合により応答しなくなっても、I/O 応答時間を保証します。

8.1. eh_deadline パラメーター

SCSI エラー処理 (EH) メカニズムは、障害が発生した SCSI デバイスでエラーからの復旧の実行を試行します。SCSI ホストオブジェクト eh_deadline パラメーターでは、復旧時間の最大量を設定できます。設定した時間が過ぎると、SCSI EH は、ホストバスアダプター (HBA) 全体を停止してリセットします。

eh_deadline を使用すると、以下のいずれかの時間を短縮できます。

  • エラーのあるパスのシャットオフ
  • パスの切り替え
  • RAID スライスの無効化
警告

eh_deadline が過ぎると、SCSI EH は HBA をリセットします。これは、エラーが発生しているものだけでなく、HBA 上のすべてのターゲットパスに影響します。一部の冗長パスがその他の理由により利用できない場合は、I/O エラーが発生する可能性があります。eh_deadline は、すべてのターゲットに完全な冗長マルチパス設定がある場合にのみ有効にします。

eh_deadline が便利なシナリオ

多くの場合、eh_deadline を有効にする必要はありません。eh_dealine は、ファイバーチャンネル (FC) スイッチやターゲットポートでリンクの損失が発生した場合や、HBA が Registered State Change Notification (RSCN) を受信しない場合など、特定のシナリオで便利です。このような場合、I/O 要求やエラーからの復旧コマンドは、エラーに遭遇することなく、すべてタイムアウトになります。この環境で eh_deadline を設定すると、リカバリー時間に上限が課せられます。これにより、DM Multipath により、利用できる別のパスで不具合の発生した I/O の再試行が可能になります。

以下の条件では、eh_deadline 機能はこれ以上のメリットをもたらしません。その理由は、DM Multipath の再試行を可能にする I/O とエラー復旧コマンドがすぐに失敗するためです。

  • RSCN が有効になっている場合
  • HBA が利用できなくなっているリンクを登録しない場合

可能な値

eh_deadline の値は秒単位で指定されます。

デフォルト設定は off で、時間制限が無効になり、すべてのエラー復旧が行われるようになります。