14.3. ディスクレスクライアントの DHCP サーバーの設定

この手順では、ディスクレスシステムに DHCP を設定する方法を説明します。

前提条件

手順

  1. 以下の設定を /etc/dhcp/dhcpd.conf に追加して、DHCP サーバーを設定し、PXE ブートを有効にします。

    allow booting;
    allow bootp;
    subnet 192.168.205.0 netmask 255.255.255.0 {
      pool
      {
        range 192.168.205.10 192.168.205.25;
      }
    
      option subnet-mask 255.255.255.0;
      option routers 192.168.205.1;
    }
    class "pxeclients" {
       match if substring(option vendor-class-identifier, 0, 9) = "PXEClient";
       next-server server-ip;
       filename "pxelinux.0";
    }

    この設定は UEFI からは起動しません。「UEFI ベースのクライアント向けに TFTP サーバーの設定」を参照してください。また、/etc/dhcp/dhcpd.conf はサンプルファイルであることに注意してください。

    注記

    libvirt 仮想マシンがディスクレスクライアントとして使用されると、libvirt は DHCP サービスを提供し、スタンドアロン DHCP サーバーは使用されません。このような状況では、libvirt ネットワーク設定 virsh net-editbootp file='filename' オプションで、ネットワークブートを有効にする必要があります。

  2. 次のコマンドを実行して、dhcpd.service を有効にします。

    # systemctl enable --now dhcpd.service

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。