Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

20.2. ディスクレスクライアントの TFTP サービスの設定

リモートディスクレスシステムを環境内で正しく機能させるには、まずディスクレスクライアントの Trivial File Transfer Protocol (TFTP) サービスを設定する必要があります。

注記

この設定は、Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) 経由では起動しません。UEFI ベースのインストールの場合は、UEFI ベースのクライアント向けに TFTP サーバーを設定する を参照してください。

前提条件

  • 次のパッケージがインストールされている。

    • tftp-server
    • syslinux
    • xinetd

手順

  1. TFTP サービスを有効にします。

    # systemctl enable --now tftp
  2. tftp のルートディレクトリーに pxelinux ディレクトリーを作成します。

    # mkdir -p /var/lib/tftpboot/pxelinux/
  3. /usr/share/syslinux/pxelinux.0 ファイルを /var/lib/tftpboot/pxelinux/ ディレクトリーにコピーします。

    # cp /usr/share/syslinux/pxelinux.0 /var/lib/tftpboot/pxelinux/
    • tftp ルートディレクトリー (chroot) は /var/lib/tftpboot ディレクトリーにあります。
  4. /usr/share/syslinux/ldlinux.c32/var/lib/tftpboot/pxelinux/ にコピーします。

    # cp /usr/share/syslinux/ldlinux.c32 /var/lib/tftpboot/pxelinux/
  5. tftp のルートディレクトリーに pxelinux.cfg ディレクトリーを作成します。

    # mkdir -p /var/lib/tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg/

    この設定は、Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) 経由では起動しません。UEFI のインストールを実行するには、UEFI ベースのクライアント向けに TFTP サーバーを設定する の手順に従ってください。

検証

  • サービス tftp のステータスを確認します。

    # systemctl status tftp
    ...
    Active: active (running)
    ...