2.4. パーティションの削除

システム管理者は、ディスク領域を解放するのに使用されなくなったディスクパーティションを削除できます。

警告

パーティションを削除すると、そのパーティションに保存されているすべてのデータが削除されます。

2.4.1. ディスクのパーティション変更前の留意事項

このセクションでは、パーティションの作成、削除、またはサイズ変更を行う前に考慮すべき重要な点を説明します。

注記

このセクションでは、IBM Z アーキテクチャーに固有の DASD パーティションテーブルを説明しません。DASD の情報は、以下を参照してください。

パーティションの最大数

デバイスで使用できるパーティションの数は、パーティションテーブルの種類によって異なります。

  • マスターブートレコード (MBR) パーティションテーブルでフォーマットされたデバイスでは、次のいずれかの数だけパーティションを設定できます。

    • 最大 4 つのプライマリーパーティション
    • 最大 3 つのプライマリーパーティション、および 1 つの拡張パーティション、ならびにその拡張内に複数の論理パーティション
  • GUID パーティションテーブル (GPT) でフォーマットしたデバイスにおけるパーティションの最大数は 128 個です。GPT 仕様により、パーティションテーブル用に確保するエリアを拡大することで、さらに多くのパーティションを作成できますが、parted ユーティリティーで用いられる一般的な方法で得られるエリアは 128 個に制限されます。
注記

Red Hat では、特に理由がない限り、少なくとも swap/boot/、および / (root) のパーティションを作成することが推奨されます。

パーティションの最大サイズ

デバイスのパーティションの最大サイズは、パーティションテーブルの種類により異なります。

  • マスターブートレコード (MBR) パーティションテーブルでフォーマットしたデバイスの最大サイズは 2TiB になります。
  • GUID パーティションテーブル (GPT) でフォーマットしたデバイスの最大サイズは 8ZiB になります。

2TiB を超えるパーティションを作成する場合は、ディスクを GPT でフォーマットする必要があります。

サイズ調整

parted ユーティリティーを使用した場合は、パーティションサイズを指定する際の接尾辞を選択できます。

MiB、GiB、または TiB

サイズは 2 のべき乗で表示されます。

  • パーティションの開始点は、サイズが指定する正確なセクターに調整されます。
  • 終了点は、指定されたサイズから 1 セクターを引いたサイズに調整されます。
MB、GB、または TB

サイズは 10 のべき乗で表示されます。

開始点と終了点は、指定された単位の半分以内に置かれます。たとえば、接尾辞 MB を使用する場合は ±500 KB です。

2.4.2. parted でパーティションの削除

この手順では、parted ユーティリティーを使用してディスクパーティションを削除する方法を説明します。

手順

  1. インタラクティブな parted シェルを起動します。

    # parted block-device
    • block-device を、パーティションを削除するデバイスへのパス (例: /dev/sda) に置き換えます。
  2. 現在のパーティションテーブルを表示して、削除するパーティションのマイナー番号を確認します。

    (parted) print
  3. パーティションを削除します。

    (parted) rm minor-number
    • minor-number を、削除するパーティションのマイナー番号 (例: 3) に置き換えます。

    このコマンドを実行するとすぐに変更が行われるため、実行する前によく確認してください。

  4. パーティションテーブルからパーティションが削除されたことを確認します。

    (parted) print
  5. parted シェルを終了します。

    (parted) quit
  6. パーティションが削除されたことをカーネルが認識していることを確認します。

    # cat /proc/partitions
  7. パーティションが存在する場合は、/etc/fstab ファイルからパーティションを削除します。削除したパーティションを宣言している行を見つけ、ファイルから削除します。
  8. システムが新しい /etc/fstab 設定を登録するように、マウントユニットを再生成します。

    # systemctl daemon-reload
  9. スワップパーティション、または LVM 部分を削除した場合は、/etc/default/grub ファイルのカーネルコマンドラインからパーティションへの参照をすべて削除して、GRUB 設定を再生成します。

    • BIOS ベースのシステムの場合:

      # grub2-mkconfig --output=/etc/grub2.cfg
    • UEFI ベースのシステムの場合:

      # grub2-mkconfig --output=/etc/grub2-efi.cfg
  10. アーリーブートシステムに変更を登録するには、initramfs ファイルシステムを再構築します。

    # dracut --force --verbose

関連情報

  • man ページの parted(8)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。