第2章 パーティションの使用

システム管理者は、以下の手順に従ってさまざまな種類のディスクパーティションを作成、削除、および変更できます。

ブロックデバイスでパーティションを使用する長所と短所の概要は、ナレッジベースの記事「What are the advantages and disadvantages to using partitioning on LUNs, either directly or with LVM in between?」を参照してください。

2.1. パーティションテーブルの表示

システム管理者は、ブロックデバイスのパーティションテーブルを表示して、パーティションレイアウトと個々のパーティションに関する詳細を確認できます。

2.1.1. parted でパーティションテーブルの表示

この手順では、parted ユーティリティーを使用してブロックデバイスのパーティションテーブルを表示する方法を説明します。

手順

  1. インタラクティブな parted シェルを起動します。

    # parted block-device
    • block-device を、調べるデバイスへのパス (例: /dev/sda) に置き換えます。
  2. パーティションテーブルを表示します。

    (parted) print
  3. 必要に応じて次のコマンドを使用して、次に調べるデバイスに切り替えることもできます。

    (parted) select block-device

関連情報

  • man ページの parted(8)

2.1.2. parted print の出力例

このセクションでは、parted シェルの print コマンドの出力例を示し、出力内のフィールドを説明します。

例2.1 print コマンドの出力

Model: ATA SAMSUNG MZNLN256 (scsi)
Disk /dev/sda: 256GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos
Disk Flags:

Number  Start   End     Size    Type      File system  Flags
 1      1049kB  269MB   268MB   primary   xfs          boot
 2      269MB   34.6GB  34.4GB  primary
 3      34.6GB  45.4GB  10.7GB  primary
 4      45.4GB  256GB   211GB   extended
 5      45.4GB  256GB   211GB   logical

以下は、フィールドの説明です。

Model: ATA SAMSUNG MZNLN256 (scsi)
ディスクタイプ、製造元、モデル番号、およびインターフェース。
Disk /dev/sda: 256GB
ブロックデバイスへのファイルパスとストレージ容量。
Partition Table: msdos
ディスクラベルの種類。
Number
パーティション番号。たとえば、マイナー番号 1 のパーティションは、/dev/sda1 に対応します。
Start および End
デバイスにおけるパーティションの開始場所と終了場所。
Type
有効なタイプは、メタデータ、フリー、プライマリー、拡張、または論理です。
File system
ファイルシステムの種類。ファイルシステムの種類が不明な場合は、デバイスの File system フィールドに値が表示されません。parted ユーティリティーは、暗号化されたデバイスのファイルシステムを認識できません。
Flags
パーティションのフラグ設定一覧。利用可能なフラグは、bootrootswaphiddenraidlvm、または lba です。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。