9.3. スワップ領域の追加

本セクションでは、インストール後にさらにスワップ領域を追加する方法を説明します。たとえば、システムの RAM 容量を 1 GB から 2 GB にアップグレードするときに、スワップ容量が 2 GB しかないとします。メモリーを大幅に消費する操作を実行している場合や、大量のメモリーを必要とするアプリケーションを実行する場合は、スワップ領域を 4 GB に増やすことが有益となる可能性があります。

この場合は、スワップパーティションを新規作成する、スワップファイル新規作成する、または既存の LVM2 論理ボリュームでスワップを拡張をする 3 つの方法が選択肢として考えられます。この中では、既存論理ボリュームを拡張することが推奨されます。

9.3.1. LVM2 論理ボリュームでのスワップ領域の拡張

この手順では、既存の LVM2 論理ボリュームでスワップ領域を拡張する方法を説明します。ここでは、/dev/VolGroup00/LogVol01 のボリュームを 2 GB 増やします。

前提条件

  • 十分なディスク領域

手順

  1. 関連付けられている論理ボリュームのスワップ機能を無効にします。

    # swapoff -v /dev/VolGroup00/LogVol01
  2. LVM2 論理ボリュームのサイズを 2 GB 増やします。

    # lvresize /dev/VolGroup00/LogVol01 -L +2G
  3. 新しいスワップ領域をフォーマットします。

    # mkswap /dev/VolGroup00/LogVol01
  4. 拡張論理ボリュームを有効にします。

    # swapon -v /dev/VolGroup00/LogVol01
  5. スワップの論理ボリュームの拡張に成功したかどうかをテストするには、アクティブなスワップ容量を調べます。

    $ cat /proc/swaps
    $ free -h

9.3.2. スワップの LVM2 論理ボリュームの作成

この手順では、スワップ用に LVM2 論理ボリュームを作成する方法を説明します。ここでは、スワップボリューム /dev/VolGroup00/LogVol02 を追加します。

前提条件

  • 十分なディスク領域

手順

  1. サイズが 2 GB の LVM2 論理ボリュームを作成します。

    # lvcreate VolGroup00 -n LogVol02 -L 2G
  2. 新しいスワップ領域をフォーマットします。

    # mkswap /dev/VolGroup00/LogVol02
  3. 次のエントリーを /etc/fstab ファイルに追加します。

    /dev/VolGroup00/LogVol02 swap swap defaults 0 0
  4. システムが新しい設定を登録するように、マウントユニットを再生成します。

    # systemctl daemon-reload
  5. 論理ボリュームでスワップをアクティブにします。

    # swapon -v /dev/VolGroup00/LogVol02
  6. スワップ論理ボリュームの作成に成功したかどうかをテストするには、アクティブなスワップ容量を調べます。

    $ cat /proc/swaps
    $ free -h

9.3.3. スワップファイルの作成

この手順では、スワップファイルの作成方法を説明します。

前提条件

  • 十分なディスク領域

手順

  1. 新しいスワップファイルのサイズをメガバイト単位で指定してから、そのサイズに 1024 をかけてブロック数を指定します。たとえばスワップファイルのサイズが 64 MB の場合は、ブロック数が 65536 になります。
  2. 空のファイルの作成:

    # dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1024 count=65536

    希望のブロックサイズと同等の値に count を置き換えます。

  3. 次のコマンドでスワップファイルをセットアップします。

    # mkswap /swapfile
  4. スワップファイルのセキュリティーを変更して、全ユーザーで読み込みができないようにします。

    # chmod 0600 /swapfile
  5. システムの起動時にスワップファイルを有効にするには、root で /etc/fstab に、次のエントリーを追加します。

    /swapfile swap swap defaults 0 0

    次にシステムが起動すると新しいスワップファイルが有効になります。

  6. システムが新しい /etc/fstab 設定を登録するように、マウントユニットを再生成します。

    # systemctl daemon-reload
  7. スワップファイルをすぐに有効にするには、次のコマンドを実行します。

    # swapon /swapfile
  8. 新しいスワップファイルを作成して有効にできたことをテストするには、アクティブなスワップ容量を調べます。

    $ cat /proc/swaps
    $ free -h