5.4. 削除時にロックを使用したスマートカード認証の設定

authselect サービスを使用すると、スマートカードの認証を設定して、リーダーからスマートカードを削除した後も、画面を即時にロックすることができます。authselect コマンドには以下の変数が含まれている必要があります。

  • with-smartcard - スマートカード認証の有効化
  • with-smartcard-required - 排他的なスマートカード認証の有効化 (パスワードによる認証は無効になっています)
  • with-smartcard-lock-on-removal: スマートカードの削除後に強制的にログアウト

前提条件

  • スマートカードに、証明書と秘密鍵が含まれている。
  • このカードはリーダーに挿入され、コンピューターに接続されている。
  • authselect ツールがローカルシステムにインストールされている。

手順

  • 以下のコマンドを実行して、スマートカード認証の有効化、パスワード認証の無効化、削除時のロックの強制を行います。

    # authselect select sssd  with-smartcard  with-smartcard-required with-smartcard-lock-on-removal --force

これで、カードを削除すると、画面がロックされます。ロックを解除するには、スマートカードを再度挿入する必要があります。