2.9. スマートカード認証用の証明書マッピングルールの作成

AD (Active Directory) および IdM (Identity Management) にアカウントを持つユーザーに対して証明書を 1 つ使用する場合は、IdM サーバーで証明書マッピングルールを作成できます。

このようなルールを作成すると、ユーザーは両方のドメインのスマートカードで認証できます。

証明書マッピングルールの詳細は、「スマートカードにおける認証を設定するための証明書マッピングルール」を参照してください。