Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

30.6. 暗号化鍵での作業

次のセクションでは、TPM (Trusted Platform Module) が利用できないシステムでのセキュリティー強化に暗号化鍵を管理する方法を説明します。

前提条件

  • 64 ビット ARM アーキテクチャーおよび IBM Z の場合は、encrypted-keys カーネルモジュールを読み込む必要があります。カーネルモジュールを読み込む方法は、Managing kernel modules を参照してください。

手順

  1. 無作為な数列を使用してユーザーキーを生成します。

    # keyctl add user kmk-user "$(dd if=/dev/urandom bs=1 count=32 2>/dev/null)" @u
    427069434

    このコマンドは、kmk-user という名前のユーザーキーを生成し、プライマリーキー として動作させ、このユーザーキーを使用して実際の暗号化鍵を保護します。

  2. 前の手順で取得したプライマリーキーを使用して、暗号化鍵を生成します。

    # keyctl add encrypted encr-key "new user:kmk-user 32" @u
    1012412758
  3. 必要に応じて、指定したユーザーキーリングにあるすべての鍵を一覧表示します。

    # keyctl list @u
    2 keys in keyring:
    427069434: --alswrv  1000  1000 user: kmk-user
    1012412758: --alswrv  1000  1000 encrypted: encr-key
重要

暗号化鍵が信頼できるプライマリーキーで保護されていない場合には、ユーザーのプライマリーキー (乱数キー) を使用して暗号化した場合のセキュリティーと同程度でしかない点に注意してください。そのため、プライマリーユーザーキーはできるだけ安全に、システムの起動プロセスの早い段階で読み込む必要があります。

関連情報