Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

22.11. カーネルパッチモジュールのアンインストール

以下の手順では、Red Hat Enterprise Linux カーネルライブパッチソリューションが、後続のブートでカーネルパッチモジュールを適用しないようにする方法を説明します。

前提条件

  • root 権限
  • ライブパッチパッケージがインストールされている。
  • カーネルパッチモジュールがインストールされ、ロードされている。

手順

  1. カーネルパッチモジュールを選択します。

    # kpatch list
    Loaded patch modules:
    kpatch_4_18_0_94_1_1 [enabled]
    
    Installed patch modules:
    kpatch_4_18_0_94_1_1 (4.18.0-94.el8.x86_64)
    …​
  2. 選択したカーネルパッチモジュールをアンインストールします。

    # kpatch uninstall kpatch_4_18_0_94_1_1
    uninstalling kpatch_4_18_0_94_1_1 (4.18.0-94.el8.x86_64)
    • アンインストールしたカーネルモジュールが読み込まれていることに注意してください。

      # kpatch list
      Loaded patch modules:
      kpatch_4_18_0_94_1_1 [enabled]
      
      Installed patch modules:
      <NO_RESULT>

      選択したモジュールをアンインストールすると、カーネルは次回の再起動までパッチが当てられますが、カーネルパッチモジュールはディスクから削除されます。

  3. システムを再起動します。
  4. 必要に応じて、カーネルパッチモジュールがアンインストールされていることを確認します。

    # kpatch list
    Loaded patch modules:
    …​

    上記の出力例では、ロードまたはインストールされたカーネルパッチモジュールが表示されていません。したがって、カーネルにパッチが適用されておらず、カーネルのライブパッチソリューションはアクティブではありません。

重要

現在、Red Hat はシステムの再起動なしで、ライブパッチを元に戻すことはサポートしていません。ご不明な点がございましたら、サポートチームまでお問い合わせください。

関連情報

  • kpatch(1) の man ページ