Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第23章 コントロールグループを使用したアプリケーションのシステムリソース制限の設定

コントロールグループ (cgroups) カーネル機能を使用すると、アプリケーションのリソース使用状況を制御して、より効率的に使用できます。

cgroups は、以下のタスクで使用できます。

  • システムリソース割り当ての制限を設定します。
  • 特定のプロセスへのハードウェアリソースの割り当てにおける優先順位を設定する。
  • 特定のプロセスをハードウェアリソースの取得から分離する。

23.1. コントロールグループの概要

コントロールグループ の Linux カーネル機能を使用して、プロセスを階層的に順序付けされたグループ (cgroups) に編成できます。階層 (コントロールグループツリー) は、デフォルトで /sys/fs/cgroup/ ディレクトリーにマウントされている cgroups 仮想ファイルシステムに構造を提供して定義します。

systemd サービスマネージャーは、cgroups を使用して、管理するすべてのユニットとサービスを整理します。/sys/fs/cgroup/ ディレクトリーのサブディレクトリーを作成および削除することで、cgroups の階層を手動で管理できます。

続いて、カーネルのリソースコントローラーは、cgroups 内のプロセスのシステムリソースを制限、優先順位付け、または割り当てることで、これらのプロセスの動作を変更します。これらのリソースには以下が含まれます。

  • CPU 時間
  • メモリー
  • ネットワーク帯域幅
  • これらのリソースの組み合わせ

cgroups の主なユースケースは、システムプロセスを集約し、アプリケーションとユーザー間でハードウェアリソースを分割することです。これにより、環境の効率、安定性、およびセキュリティーを強化できます。

コントロールグループ 1

コントロールグループバージョン 1 (cgroups-v1) はリソースごとのコントローラー階層を提供します。つまり、各リソース (CPU、メモリー、I/O など) には、独自のコントロールグループ階層があります。各リソースの管理で、1 つのコントローラーが別のコントローラーと調整できるように、異なるコントロールグループ階層を組み合わせることができます。ただし、2 つのコントローラーが異なるプロセス階層に属する場合、適切な調整が制限されます。

cgroups-v1 コントローラーは、長期間に渡って開発されているため、制御ファイルの動作と命名は均一ではありません。

コントロールグループ 2

Control groups version 2 (cgroups-v2) は、すべてのリソースコントローラーがマウントされる単一のコントロールグループ階層を提供します。

コントロールファイルの動作と命名は、さまざまなコントローラーにおいて一貫性があります。

注記

cgroups-v2 は、RHEL 8.2 以降のバージョンで完全にサポートされています。詳細は Control Group v2 is now fully supported in RHEL 8 を参照してください。