Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

27.8. systemd の I/O 帯域幅設定オプション

systemd でブロックレイヤー I/O ポリシーを管理するには、次の設定オプションを使用できます。

IOWeight
デフォルトの I/O 加重を設定します。加重の値をベースとして使用し、他のサービスと比べ、実際に受け取る I/O 帯域幅を計算します。
IODeviceWeight

特定のブロックデバイスの I/O 加重を設定します。

たとえば、IODeviceWeight=/dev/disk/by-id/dm-name-rhel-root 200 などです。

IOReadBandwidthMaxIOWriteBandwidthMax

デバイスまたはマウントポイントごとの絶対帯域幅を設定します。

たとえば、IOWriteBandwith=/var/log 5M などです。

注記

systemd は、ファイルシステムからデバイスの変換を自動的に処理します。

IOReadIOPSMaxIOWriteIOPSMax
1 つ前のオプションと同様: Input/Output Operations Per second (IOPS) の絶対帯域幅を設定します。
注記

加重ベースのオプションは、ブロックデバイスが CFQ I/O スケジューラーを使用している場合にのみサポートされます。デバイスが Multi-Queue Block I/O キューメカニズムを使用する場合は、オプションのサポートはありません。