Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

6.7. インストールディスクを使用した root パスワードのリセット

root パスワードを忘れた場合や紛失した場合は、リセットできます。

手順

  1. インストールソースからホストを起動します。
  2. インストールメディアのブートメニューで、トラブルシューティング を選択します。

    トラブルシューティングオプションが選択された RHEL Anaconda インストーラー画面
  3. トラブルシューティング メニューで Red Hat Enterprise Linux システムのレスキュー オプションを選択します。

    Rescue オプションが選択されたトラブルシューティング画面
  4. Rescue メニューで 1 を選択し、Enter キーを押して続行します。

    続行して/mnt/sysimage の下にターゲットホストをマウントするよう求めるレスキュー画面
  5. 以下のようにファイルシステム root を変更します。

    sh-4.4# chroot /mnt/sysimage
    ファイルシステムのルートを変更する
  6. passwd コマンドを入力し、コマンドラインに表示される指示にしたがって root パスワードを変更します。

    root パスワードのリセット
  7. 時間がかかるディスクの SELinux の再ラベルを防ぐために、autorelable ファイルを削除します。

    sh-4.4# rm -f /.autorelabel
  8. exit コマンドを入力して、chroot 環境を終了します。
  9. exit コマンドを再び実行して初期化を再開し、システム起動を完了します。