Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

23.3. zswap の永続的な有効化

zswap.enabled=1 カーネルコマンドラインパラメーターを指定して、zswap 機能を永続的に有効にできます。

前提条件

  • root 権限がある。
  • grubby ユーティリティーまたは zipl ユーティリティーがシステムにインストールされている。

手順

  1. zswap を永続的に有効にします。

    # grubby --update-kernel=/boot/vmlinuz-$(uname -r) --args="zswap.enabled=1"
  2. システムを再起動して、変更を有効にします。

検証手順

  • zswap が有効になっていることを確認します。

    # cat /proc/cmdline
    
    BOOT_IMAGE=(hd0,msdos1)/vmlinuz-4.18.0-372.9.1.el8.x86_64
    root=/dev/mapper/rhel-root ro crashkernel=auto
    resume=/dev/mapper/rhel-swap
    rd.lvm.lv=rhel/root rd.lvm.lv=rhel/swap rhgb quiet
    zswap.enabled=1