Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

22.8. ライブパッチストリームへの自動サブスクリプションの無効化

カーネルパッチモジュールが提供する修正にシステムをサブスクライブする場合、サブスクリプションは 自動的 です。この機能 (したがって、kpatch-patch パッケージの自動インストール) を無効にできます。

前提条件

  • root 権限がある。

手順

  1. 必要に応じて、インストール済みの全カーネルと、現在実行中のカーネルを確認します。

    # yum list installed | grep kernel
    Updating Subscription Management repositories.
    Installed Packages
    ...
    kernel-core.x86_64         4.18.0-240.10.1.el8_3           @rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms
    kernel-core.x86_64         4.18.0-240.15.1.el8_3           @rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms
    ...
    
    # uname -r
    4.18.0-240.10.1.el8_3.x86_64
  2. カーネルライブパッチへの自動サブスクリプションを無効にします。

    # yum kpatch manual
    Updating Subscription Management repositories.

検証手順

  • 成功した出力を確認できます。

    # yum kpatch status
    ...
    Updating Subscription Management repositories.
    Last metadata expiration check: 0:30:41 ago on Tue Jun 14 15:59:26 2022.
    Kpatch update setting: manual

関連情報

  • kpatch(1) および dnf-kpatch(8) の man ページ