Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.7. シリアルコンソール接続を有効にする GRUB 設定

シリアルコンソールは、ネットワークがダウンしている場合にヘッドレスサーバーまたは埋め込みシステムに接続する際に便利です。あるいは、セキュリティールールを回避し、別のシステムへのログインアクセスを取得する必要がある場合などです。

シリアルコンソール接続を使用するように、デフォルトの GRUB 設定の一部を設定する必要があります。

前提条件

  • root 権限がある。

手順

  1. /etc/default/grub ファイルに以下の 2 つの行を追加します。

    GRUB_TERMINAL="serial"
    GRUB_SERIAL_COMMAND="serial --speed=9600 --unit=0 --word=8 --parity=no --stop=1"

    最初の行は、グラフィカルターミナルを無効にします。GRUB_TERMINAL キーは、GRUB_TERMINAL_INPUT および GRUB_TERMINAL_OUTPUT の値を上書きします。

    2 行目は、ボーレート (--speed)、パリティー、および他の値を使用中の環境とハードウェアに適合するように調整します。以下のログファイルのようなタスクには、115200 のように非常に高いボーレートが推奨されます。

  2. GRUB 設定ファイルを更新します。

    • BIOS ベースのマシンの場合:

      # grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
    • UEFI ベースのマシンの場合:

      # grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/redhat/grub.cfg
  3. システムを再起動して、変更を有効にします。